サットワン

EPS(発泡スチロール)を利用したスタンドサイン用の軽量樹脂基礎です。

従来のコンクリートで施工されてきた各種支柱の基礎をEPSで施工することで、軽量化と大幅な工期短縮を実現します。

特徴

  • 乾式工法のため、施工が迅速で確実。
  • 軽量であるため、運搬・据え付けが人力でも容易。
  • 全体が軽量となるため、地盤への負担が小さい。
  • ベースタイプや差込タイプ等様々な基礎に対応します。
  • 配線やアース線等の組み込みが容易。
  • 完成後に土になじむ程度の養生期間で済むため、工期が短くできます。
  • 完成品の基礎を埋めるため、季節(寒冷地等)、天候を選びません。

サットワン

サットワン図面

【仕様】本体:EPS(発泡スチロール)

サットワン(樹脂基礎)は、道路橋下部構造指針と道路照明設置基準に準じて計算されています。
サットワンの基礎計算は、照明用ポール樹脂基礎2m未満の差し込み式基礎タイプを標準とし、地盤N=10程度の砂質を前提としています。

施工工程の比較

  従来ベース式 サットワン
1 運搬、アンカー 運搬 サットワン
2 掘削 掘削
3 底面処理 底面処理
4 型枠工 基礎設置
5 配筋 埋め戻し
6 生コン打設 支柱固定
7 養生  
8 型枠撤去  
9 埋め戻し  
10 支柱固定  

施工手順

施工手順

掘削後、サットワンの据付け地盤面を、真砂土等にて均しGLからの深さ地盤面の水平性を確認。

施工手順

サットワンを静かに置き、位置決め後に上から押し付け、底面部地盤との馴染みを良くさせる。

施工手順

サットワンが移動しないように、周囲均一に埋め戻す。サットワンが安定してきたら、散水/締め固めを行い支柱を差し込む。

施工手順

サットワンに充填剤を流し込み支柱を固定する。

施工手順

施工程/
研創スタンドサイン(ステンレスシリーズST-61F)
サットワンM type H400 × □400
(充填式支柱用基礎 湿式施工)

Mtype 充填タイプ

充填タイプ

摘  要/充填式支柱用基礎
施工様式/湿式施工

充填タイプ

Btype ベースタイプ

充填タイプ

摘  要/ベース式支柱用基礎
施工様式/乾式施工

充填タイプ